自治体の粗大ゴミに出すのが一般的

引っ越しなどでもう必要ない家具が出たときは、自治体の粗大ゴミ回収サービスを利用するのが一般的です。ただ粗大ゴミ回収のルールは自治体によってことなるため、自分の住んでいる場所のルールをよく確認する必要があります。出し方はもちろんですが、そもそも粗大ゴミとして扱う品目が自治体によって違うこともあります。また、事前に申し込んで、決められた日に自分で粗大ゴミを持って行けば、手数料が減額されることもあります。自分で運べる大きさなら検討してみるのもいいでしょう。

回収業者に依頼するのもおすすめ

とにかく自分の手を動かしたくない、という人は、不用品回収業者に依頼すると良いでしょう。自治体に処分してもらうには自分で粗大ゴミを運び出す必要がありますが、回収業者なら業者が重い家具を搬出してくれます。養生もしっかり行った上で動かすので、家が傷つく心配もありません。また、回収業者はこちらの都合のいい日に来てくれるという大きなメリットがあります。平日は家にいないという人でも利用しやすいでしょう。

人に譲るときに注意すべきこと

テレビや洗濯機などは、新しいものであれば周囲に欲しいという人が見つかるかもしれません。知人に譲ることができれば処分費用はかからないので、お互いに得をすることができます。しかし大きなものだと、自分たちで動かすのは一苦労です。うっかりぶつけて壊してしまう、なんてことになったら目も当てられません。自分で動かすのが難しいと思ったら、素直にプロの手を借りましょう。宅配業者などに依頼すると、梱包や運び出しなど必要な作業を請け負ってくれます。

粗大ゴミ自体は自治体やメーカー引き取りなどそれぞれ仕組みはありますが、どれも手続きが面倒なので、粗大ゴミ回収業者を利用すればこうした面倒から解放されます。